2018年11月30日

笠原小学校・進修館

埼玉県宮代町の、笠原小学校と進修館を見学しました。両方とも、象設計集団による設計です。
我家からは電車で1本!、しかし片道2時間!!、3線相互乗入れ路線の端〜端への小旅行でした。


笠原小学校
R0002026c.jpg
一つの教室(畳の小上がりや、手洗い、トイレがある教室も)に、テラスや下駄箱スペースがくっついて、この一セットが、一つの家のようになっていて、家と家がすこしずつずれながら、つながっている。
「教室はすまい」「学校はまち」「学校は思い出」が主題。あらかじめ図面・文章・写真など見ていたのだけど、実際行ってみると、予想以上に、各部分、濃密に、設計されていて衝撃的でした。
R0002011cc.jpg
なんとも、楽しそうでした。教室や廊下から広がる眺めも素敵です。
しかし廊下はほぼ外だから、真冬は寒そうかな、、


進修館
R0001867c.jpg
庭を丸く囲むように半地下・地上の2階建ての建物があって、ランドスケープと建物の関係が素敵でした。
最近2度、行く機会があって、ともよてもよく市民につかわれていることも伺えました。
2〜3人のちょっとした相談会?からお年寄りのサークルの集まり、子供の英語教室、女性の集まり、介護実習など


笠原小学校も、進修館も、建物の設計の密度も濃くバリエーション豊富なのですが、ランドスケープというか、地形の操作も、素敵でした。
さらっと平地にして芝生や舗装で処理してしまうのでなく、
緩いすり鉢状の地形や、土手、築山が、場所を特徴づけしてうまく場所をつくっているように思いました。


そういえば、この近く動物園に行った際、うちのチビさんがこの築山で休憩したいと言ったので斜面に座っていたら、広場をはさんだ対面の築山で他の親子が相撲を取っていました。
なるほど、築山≒土俵、そういう見立てもあったか、、となんだか納得。
R0001864c.jpg






posted by hitomi tsuji at 08:12| わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

落慶式

観音堂の新築、墓地造園、既存客殿の改修と、この夏に全てが完了した本覚寺整備工事の、落慶法要に参加しました。
R0001813.JPG

稚児行列で、地域から観音堂まで練り歩いた後、20人近い御坊さん方による法要、その後食事会と、みやびで素敵な会でした。
滅多にない機会に参加させて貰って、感無量の一日でした。
posted by hitomi tsuji at 12:50| 設計の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

大井町駅前コンペ

大井町駅前パブリックスペースのコンペに応募しました。
ooimaticomp.jpg

細長い敷地だったので、壁に掛けるウォールポケットのような形で、数人で集まったり個々が落ち着いたりするのに調度いいスケールに分節された居場所を作る案を提案しました。
実現に至らずで残念ですが、設計にかかわる度に、敷地条件、街並み、周囲の暮らしぶり、似た事例の建物の調査などから発見があり、勉強になります。反省点は補強して、また次の機会があれば実現を目指して頑張ろうと思います。
posted by hitomi tsuji at 14:47| 設計の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

改修工事の完成

既存のお寺の改修工事が完成しました。

室内2.jpg
玄関脇の和室2室について、壁をとって1室にし、フローリングの客間にする改修です。
カウンターやパンフレットラックなども設けたので、
玄関まわりが一気にウェルカム!な雰囲気になったように思います。


室内.jpg
家具のセレクトもお手伝いさせてもらいました。
カタログを比較し、何点かショールームで確認し、予算も含めヨシ!としたものを提案しました。
れんが色のイスの張地が、利用シーンに対して派手過ぎないか、少しドキドキしていましたが、
温かみがあって落ち着きもある、このお寺の雰囲気によくあっていると思いました。


そのほか、収納室の整理、トイレの区分けの変更などもしました。
大事な服を仕立て直すような計画、
とても楽しくさせて頂きました。
 
 
posted by hitomi tsuji at 11:56| 工事中の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

客殿の改修工事

ゴールデンウィーク明けより、お寺の改修工事の現場が始まっています。

既存の部屋が、幅広い年代・状況の方々により使いやすくするための改修です。
畳敷の部屋をフローリングの椅子座の部屋にしたり、2室の区切りを固定壁から建具にして大きな部屋としても使えるようにしたり、玄関にカウンターを設けたり、手すりを設けたり、、という細々としたことを計画しました。
20180519パース.jpg

祭事以外にも書道、着付け、写経、ヨガの教室など、様々な活動で檀家さんや地域の方々にも親しまれているお寺です。
改修で、使い勝手がよくなると共に、より親しみやすい雰囲気になると思います。
posted by hitomi tsuji at 17:59| 設計の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。