2017年05月31日

進行中

昨年の今頃に細かな設計を進めていた、鶴見区本覚寺の整備工事が進行中です。
170531.jpg

昔境内にあったという言い伝えが残る観音堂の再建工事と、
樹木葬を含む境内の整備工事を進めています。

観音堂は一枚の大屋根で包まれた平屋の建物で、
半分は、観音像を祀り、お寺の催事などに使われる室内スペース、
半分は、水屋や休憩用ベンチがあり、既存の広場と一体利用できる屋外スペースになっています。
敷地の自然形状に沿った、新たな境内のシンボルになりそうな建物です。

境内整備は、植栽をメインにした自然な庭のような景色の樹木葬墓地と
駐車場の整備を計画しています。
今でも奥にある市民の森からウグイスの声が聞こえたり、とても和やかな場所ですが
より親しみやすいというか、素敵な場所になっていくのではないかなと思っています。

今は観音堂の壁がひょっこり立ち上がってきてます。
駐車場の土留の鉄筋も組まれていて、少しずつ輪郭が出てきました!
posted by hitomi tsuji at 16:59| 工事中の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする