2014年06月03日

詩仙堂など

新しいプロジェクトの敷地見学を兼ねて、関西に帰郷し京都の寺院等見学に行きました。

まずは詩仙堂、近鉄北大路駅からバスにて15〜20分ほど、バス停から歩くこと5〜10分
IMG_0664k.jpg
庭に突き出た畳の間があり、部屋の2面が庭に開放されているのが特徴的だと思います。
鴨居(引戸の上レール)と柱で庭の景色が切り取られ、部屋の内、近くのつつじの庭、遠くの樹木と
遠近感のある自然の景色が楽しめるようになっています。
IMG_0647k.jpg
欄間は和紙で光をとおし、開口部分柱も華奢で、開放感があって気持ちがいいです。

バス停まで戻ってタクシーを拾い、5分程で銀閣寺へ。
こちらはかなり人がいっぱいで、いい写真が取れませんでした。残念。
哲学の道を歩き、法然院に向かう角で家具屋らしきものがあり、
IMG_0717k.jpg
漆、麻や草紙を使った内装材、家具、小物を扱う木曽アルテック社のショールームでした。
長野に本社、東京青山にもショールームがあるそうです。
床材は麻を漆で固めたものが使われていました。漆は撥水性があるので土足や水周りOK、
メンテナンスはオイルを年1回ほど塗布するそうです。
フローリングやコルク、麻敷きとは又違ういい雰囲気でした。
IMG_0711k.jpg

その後4時半頃法然院にむかったのですが、
なんと既に門が閉まっていました。アプローチの雰囲気だけ見学しました。
IMG_0721k.jpg


ラベル:京都
posted by hitomi tsuji at 12:55| 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。