2014年06月13日

インターメディアテク(JPタワー:KITTE内)

木構造に関するセミナー参加の為に東京駅JPタワー(KITTE)に行き、
帰りにKITTE内にある東京大学の学術標本や研究資料(化石資料とか、動物の剥製とか)
を展示している「インターメディアテク」を見てきました。
130610インターメディアテク.JPG
吹き抜け階段です。近未来的な感じ

下は展示室です。
古い郵便局舎を改装したインテリアが展示内容によく合っていて、
考古学の研究室をイメージさせる雰囲気
130610インターメディアテク2.JPG

インテリアも展示架台もよくデザインされて全体の雰囲気をつくりあげていました。
たとえば床の、モルタル割れ防止の為の目地棒が真鍮製であったり、
目地棒の配列が幾何学的なパターンにデザインされていたり、
露出のスプリンクラーの配管(消防法上必要な)も銅製になっていたり。

動物の骨などの化石標本を支える架台も、化石の造形美にマッチした、
無駄の無いデザインになっていたり。

展示内容も美しく、かつ美しく見えるように全体がデザインされています。
しかも、入館無料!
今回は駆け足でみたのでまたじっくり見に来たいと思います。



posted by hitomi tsuji at 10:00| たてもの見学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。