2015年03月05日

LED照明

先日、照明計画の講習と、ビッグサイトで行われている照明展に行ってきました。
住まいの明かりをどう計画して、お客様にどのように説明するか、照明デザイナーさんのノウハウを教えて頂きとても参考になりました。
150305照明.jpg

そして照明展では、今まで綺麗なハロゲン(白熱)球をつくっていた会社、素敵な蛍光灯を作っていた会社その他色んな会社がこぞってLED化にむけて必死で商品を開発していて、LEDを使って、今までの電球と‘遜色ない’商品が出てきている事に、個人的にはショックを受けました。

「照明がLED化される」という話は今に始まった事ではないですが、電気的なLEDの光に対し白熱球は
太陽やろうそくと同じ、人間が古くから見ていた‘燃える’光。物の色を美しく照らす性能においては、LED等の改良が進んだ今でもまだかなわないので、無くなって欲しくない、、と思っていたのですが。
各製造元、日本の市場から白熱球が無くなる方向へも進んでいることがひしと伝わりました。ショック。
(※今おうちで白熱球の照明器具を使っている方、同じ照明器具でLED球を使えるので照明器具を変える必要はないです)

講師の方のお話では、京都議定書のCO2削減ができておらずLED化せざるを得ない状況のようとの事。
本当は日本の街や家が明るくしすぎていることのほうが問題、と先生もおっしゃっていましたがその通りだと思います。
照明として使われてまだ年月の浅いLED、長所も短所もこれからだと思います。
そしてこれ以上残念な規制が出てきませんように、、!!心地よい暮らしで省エネできる家を設計していきたいです。


posted by hitomi tsuji at 12:07| 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。