2015年05月11日

屋根よりひくいコイノボリ

子供が触りたい!というので今年は万国旗式に。

150511.jpg

咲き始めた花も加わって、急に庭が派手になりました。
最近殆ど雨が降らないのをいいことに、子供の日が過ぎても出しっぱなし。
いつまで出してていいんだろう?


posted by hitomi tsuji at 14:54| わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

サンタも外から

クリスマスは昨日25日でしたが、
我が家では一足早く20日にご近所さまとクリスマスをしました。
141226santa.jpg

うちのちびさん、ご近所の小2のお姉ちゃんの事が大好きでこの日も興奮気味。
お姉ちゃんもちびさんをよくかわいがってくれていて、よく遊びに来てくれます。
141226santa2.jpg

又、我が家でちびさんがワガママが叶わず「ぎゃ〜〜!」と泣きはじると
どこからともなく、「泣いているの〜?大丈夫〜?」と現れてくれます!
最近私のあの手この手は通じなくなったちびさん、
お姉ちゃんの不意の出現では機嫌を取り戻してくれることが多い。
ほんと、ありがたや、ありがたや、、

我が家は外から内の雰囲気が何となくみえるので、雰囲気を察してやってきてくれる様です。
又、外→庭→直接リビングと、外からアクセスしやすく、割と気軽に来れる。
ピンポン押して、カメラ越しにやり取りして、許可を貰ってから玄関で出迎えられる手続きなしに、
外からちょっと覗いて、直接声かけて入る。子どもならでは、なところもありますが、
そもそも来易い家の造りなんだと思います。

子育てをしていると、子どもは親にすごい勢いで思いを伝えてくるので、
家の中で頭をかかえること、しょっちゅうあります。そういう時に外の手が入ると
絡まった糸がすこし解けるような感じになってありがたい。
福は(外から)内に、です。

プライバシー?
あまり気にしていません。子どもも外遊びが好きなので普段ブラインドを上げてのびのび過ごしています。
防犯?
家の内に入ってしまえば何が起きても外には解らないのも恐ろしいので、
こういうのもいいかなと思っています。
周りの状況にもよりますが、子育てには外と関わりやすい家のほうがいいかもしれないと感じています。

posted by hitomi tsuji at 12:57| わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

年賀状の季節

そろそろ年賀状だな、、と気持ちソワソワし始めました。
わが家の年賀状はいつも子供の写真メインですが
出先ではいつも楽しむ事と建物景色の撮影に一生懸命、滅多に家族写真を撮らないので
年末に、いい感じの家族写真がない事に焦って撮り始めます。

先日は海辺で夕日に遭遇、車を止めて、子供を堤防の上にのっけて写真を撮影、
途中子供が海に体を乗り出しはじめ、、
141127_海.jpg

危なーい、終了!でも候補になる写真もとれたので一安心。。


ところで、、、!!!
年末、郵便局(新宿、横浜中央、ほか横浜川崎地域:宮前や青葉、都築、中原など)と
鷺沼近辺の家具店で事務所のパンフレットを置いていただいています。
A4全版パンフ_141125ブログ2のコピー.jpg

年賀状などで郵便局に行かれたら、
是非ご覧になって下さい!


posted by hitomi tsuji at 09:00| わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

ミカンの木

今、昔いた事務所の先輩の、新居の図面をかいていて昨日それがひと段落しました。
気がつけばもう秋、そしてもうすぐ冬、年末!

こないだ慌てて綿毛が付き始めた庭の雑草抜きをしていてふと気づくと
141031ミカン2.jpg
うちにあるミカンの木、
夏に花が咲いているな、と思っていましたがここまで沢山実がなるとは!
毎年例外なく実をつけてくれていますが、今年は豊作になりそうです。

樹木を計画するとき、紅葉・常緑、木の大きさ、葉の色、花など、全体の雰囲気から選んでいきますが、
1本は実とか葉とか、食べられる樹があると楽しみができていいなと思います。

子供にとっても「食べられる」植物は特別な存在らしく、
雑草抜きの時に、楽しみに育てていた植物まで豪快に抜いてしまった我が家のちびさんも
バジルとか、食べた事のあるものは残してくれました。
このミカンの木も「オレンジ色になったらたべようねー」と楽しみにしている様子です。
ちょっとした食育になってます。

posted by hitomi tsuji at 15:54| わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

薪能

休暇の話ばかりですが、、
埼玉の氷川神社にて、薪能を見てきました。
IMG_0517.JPG
神社のご神木(しいの木)を背景にした舞台です。
最初は明るかったのが徐々に暗くなっていき、独特の雰囲気でした。
音は歌の他、ほとんど小鼓、大鼓で、最後に太鼓と筝が演奏に加るだけでとてもシンプル。
鼓持ちの「いよぉ〜っ」「ほぉ〜」とかいう掛け声、鼓の音のよさが際立っていました。
たまに鳥の声が聞こえたり、木のザワザワする音が聞こえたり、
気候のよさも満喫して、すがすがしいものでした。
posted by hitomi tsuji at 09:29| わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。