2017年12月28日

観音堂の完成

神奈川大学協同のプロジェクトで設計・監理を担当させて貰った観音堂が完成し、23日は設計関係者向けにお披露目会をさせて頂きました。
20171223観音堂.jpg
横浜の谷戸の地形を生かすこと、周辺環境との連続感を意識して、観音堂の新築と緑地墓苑を整備したのですが、お寺には「公園ですか?」との問合せがあるとのこと、親しみある雰囲気になっているという事だと思うのでとてもうれしいニュースでした。

工事中の打ち合わせはいつも昼間だったので、今回初めて夕景も確認できました。境内に灯った観音堂の温かい光がとてもよかったです。来年に観音像が来るとのこと、それもとても楽しみです。



posted by hitomi tsuji at 09:13| 工事中の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

雨の合間に上棟

R0000180.JPG
一昨日、名古屋市で工事中の住宅が上棟しました。
連日の雨ですが、現場監督の「明日午後から雨がやんで、明後日迄もつ」という予報が見事的中!雨の合間を縫って上棟したようです(残念ながら最後は見届けられず)

今回は2階の床を支える梁を現しにしているので、1階のリビング、ダイニングの天井は木の骨格を直に感じられる空間になると思います。現しの梁と天井、とてもいい感じでした。
構造計画は、通常行われる基準法に定める壁量・金物計算以外に、品確法に沿った壁量計算と床耐力の計算、梁と柱の許容応力度計算等をして進めました。多少時間がかかってしまいましたが、個人的には基準法レベルでは不安と感じるので、よかったと思います。

お施主さんも来ていたので外壁、屋根材の打ち合わせもしました。
グリーン〜グレーの中間色で、可愛らしさのある外観になりそうで楽しみです。

posted by hitomi tsuji at 16:56| 工事中の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

植栽打合せ

本覚寺、外構工事も順調に進み、今日は植栽の打ち合わせでした。
20170927.jpg

写真手前の部分で新しい観音堂から眺める所は花木を中心とした庭園のような緑地、
写真奥の、市民の森につながる部分は紅葉樹や自然の森にある樹木を中心とした緑地として、
GAヤマザキさんに計画していただきました。
永代供養墓を含めた樹木葬墓地です。
檀家さん方が新しい敷地に樹木を植えることを楽しみにされいている、という話があったり、お墓に入られる方の家族が追悼の植樹ができるようにしては、という話もあったので、今後のための余白を残し、今回は全体の骨格になる部分を植樹する予定です。
緑地の完成には少し時間がかかるかもしれませんが、地域の方々や檀家さん方が、新しい場所を育むきっかけになればいいなと思います。
posted by hitomi tsuji at 18:42| 工事中の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

観音堂の上棟

R0001136.JPG
プレカット図面で四苦八苦していた観音堂の屋根が上棟しました。
複雑な部分が沢山あったので、きっと予定通りには行くまい、、と身構えていたのですが、思ったより早く、スムーズに上棟。

図面通りに組み立てられたという事は、屋根を受ける下地の壁が高い精度で出来ていて、架構の組み立てを大工さんがよく検討していて、その他、現場全体の事前の準備が万全だったという事なので、素晴らしい、、とうなるばかりです。

この建物は、MID研究所に構造設計して頂きました。
三角形の平面(間取り)なので、大きい三角形を分割した細かい三角形のマス目全てに梁を配置する案で相談した所、梁が過剰!といわれ、
長い梁を短かい梁に分割し、要らない梁を抜いて、梁同士互いで支えあう「相互依存」の考え方だと梁サイズも小さくできる、ということでこのような形を提案していただきました。
その「相互依存」という言葉が、哲学的に聞こえて、お寺の観音堂という存在と繋がって素敵な話ができるのでは?と、とても印象的でした。


今は、屋根架構に負けないよう内装などディテールを一生懸命検証しています。



posted by hitomi tsuji at 12:00| 工事中の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

原寸模型

工事中の現場で、先日施工側の石屋さんが原寸模型を作成し、持ってきてくださりました。予告、前触れなく、突然のことだったのでびっくり!しました。
R0001010.JPG

桜の木を中心とした樹木葬の、献花台の模型です。
工事の方に模型をつくって頂く機会はそう沢山ないので、とても有難いです。
原寸模型で実際の工事手順、大きさや使い勝手などから修正点を確認して設計も一歩前進しました。

posted by hitomi tsuji at 22:44| 工事中の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。