2015年12月11日

農家巡り

寒い!もう名実ともに12月です。

先月の事になってしまいましたが、関わっている「農あるまちづくり」の、
農家を巡り歩く会に参加しました。
R0000285.JPG
農地は下見済みでしたが、農家さんのお話を聞くのは今回初めて。
露地栽培あり、ハウス栽培あり、維持が難しく市民に貸している人もあり。
(その市民農園がまた本格的で、無農薬栽培に取り組んで5年程とか)
また、先祖代々その土地で営んでいる方ばかりなので、
例えば地域のお祭りの獅子舞を指導されていたり、長い年月での地域の移り変わりをよくご存知で、
図書館で見つけた地域のまちづくりの冊子をのぞくと、、
著者に、話を聞いた農家さんの名前と共に、同じ苗字の方がずらーっと。
農と共にまちの色々な事の担い手であることを改めて感じました。

で、そこで直売していた野菜が、やっぱりとても美味しかったので
最近よく近所の直売所を覗きに行ってます。少々消費が追い付かず、です。
ところが先週、その直売所の農家さんのハウスが姿を消してしまい、、
どうなるんだろう、ここもまたマンションに?
部外者ながら少しハラハラです。


posted by hitomi tsuji at 10:55| 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

雨の合間に

雨の続く毎日ですが、折角の秋なので雨の合間の週末を狙って、
建築や造園雑誌で見かけ、行ってみたかった緑地や公園に出かけています。

先週は奥多摩の登計トレイル
okutama.jpg
殆どの擁壁の仕上材がスギの角材で、
ベンチに座るとスギの擁壁が背もたれになります。
先日は前日の雨で濡れていたので利用できず。また来よう。。。
他にも色んな面白いベンチやカウンターがあるのですが、
先日はゆっくり座るには少し寒く、、また春に来よっと。。
道草がちなチビさんを誘導しつつも、
苔むす森の雰囲気、よかったです。

その前は新宿の御留山公園に
otomeyama2.jpg
地域の安らぎの場所の確保のために、崖線・谷戸の地形の再生しつつ整備された公園。
otomeyama.jpg
暗め〜明るい林、草地、水路等が、地形や管理の強度によってエリアを分けて計画されているとのこと。
お弁当持った家族連れ、鳥の観察をしているご老人、犬の散歩してる人、寝転んで本を読んでいる人、、
この日は天気も良かったので結構人がいてベンチはほぼ満席。
posted by hitomi tsuji at 14:00| わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

兼用帳

先週末から今週頭にかけてとある計画の概算用の図面を提出しました。
見積もり図面を出す時は、締日迄にまとめ上るぞ、という気持ちと
少しでも設計を良くしたい欲の、せめぎ合いです。
詳細な設計に入る前段階なのでまだまだ検討したいことがありますが、
何とかまとめて、体力を回復しつつ次の提案に向けて準備中です。

作業途中、いつも持ち歩いているメモ帳を開くと、、
兼用1.jpg
うちの小さい画伯にやられていました。(黒いのは私のメモです)
持ち歩いているから、仕事と子供の暇つぶしの兼用になってしまいました。
白いページにね、って言ったのにー。
お、、、!?これはこれは!!
兼用2.jpg
氷の海の夜空に浮かぶ花火が描かれているのでは、、!?
さすが、画伯。額装するべきか、、、
とか、ふと考えてしまいました。



posted by hitomi tsuji at 10:55| 設計の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

季節の変わり目

すっかり寒くなってきました。
そりゃそうだ、もう11月。それでまた、あっという間に年末。
季節の変わり目はいつも「もうそんな時期!?」と感じてしまいますが
仕事諸々は、着々と進んでいます。

先月さすがにもう収穫は期待できないだろうと、
何本かのトマトを引き抜いたところ
R0000279.JPG
完全に秋〜冬の日射しの下、残ったトマトが急に実をつけはじめました。


私「えっ、まだ頑張るの!?」
トマト「えぇっ、実らせなかったら引き抜かれるの!?(収穫しそびれるくせに)」
お互いびっくり。
posted by hitomi tsuji at 12:08| わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

グーグルマップ

先々週先週はいつもより打合せが多く気持ち走り回った週となりました。
打合せで、色々なところを訪ねる事ができるのも、楽しみの一つ。
出かける際は、いつもグーグルマップに案内してもらいます。

R0000241.JPG

この子、車でも、徒歩と電車でも、結構正確な時間を出してくれます。
ただ、たまに「ここ通る!?」というハードな道を案内する癖があります。
先日も徒歩で打合せ場所に向かう際、
案内されたきわどい道をいくつか通っても中々目的地周辺につかないので、
「ほんまにつくんかいな、、」という不安が入り交じり始めたころ、
畑のど真ん中、微妙な小道を指して「(グーグル)ここを左です。」
「(私)え!これ通れないでしょ?」
「(グーグル)・・・」
確かに、地図を見るとこの小道はかなりのショートカットの様子。
「(私)よくこんな道知ってるね。」
「(グーグル)・・・」
結局この小道を入り、更に色んな道を通ったあげく、ナント指定した行先が少し間違っていた事が判明!
(これは私のせい)20分余裕を見ていたところの15分を回り道に使ってしまったのでした。

登り道を走ったりして大変でしたが、
予期せぬ回り道がとても楽しい道で、計画予定の敷地の見方が変わったような気がしました。
特に微妙な小道があった畑は、何人の畑が集まっている様子で、
夫々にこだわりを感じさせる手作りの看板が立っていたり、
斜面地で見晴らしがいいこともあって、歩いていて楽しい道でした。
(少し焦っていたので写真がとれず、残念!また行こうっと。)
今回の発見が、いつか設計のヒントになったりして(?)

経路検索の時間や金額優先以外に、面白い寄り道プラス(○分コース)があればいいかもと思いました。
あえて利用する人いないか。。

posted by hitomi tsuji at 11:27| 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。