2015年09月30日

広場へのアプローチ

再来月予定の地元農家さん達を歩いて巡るイベントの下見に参加しました。
この道ウン十年の大先輩方についていくばかりでしたが、育っている野菜を見るだけでワクワク。
農家さん達其々の考え方などお話しも聞けて、いい時間でした。
R0000222-2.jpg

又、下見コースの近くにあり、来月音楽会が予定されている、とんもり谷戸を紹介してもらいました。
バス通りから畑の脇を入り、湧き水の音がする小川脇の小道を抜け(蛍もいるらしい)、
さらに森の中のほの暗い木立をくぐって階段を上ると、、
R0000227.JPG
急にぱっ!と明るく開けた場所が、山の斜面を利用した野外劇場型の小さな広場でした。
(写真向こう側は斜面状で、ちらりと見えるのがステージの屋根です)
地形を利用した程良い広さの劇場と、辿り着くまで期待感を高めていくような緩急のあるアプローチ!
本番は夕方。篝火も焚くそうで、劇場に来るまでも着いてからも、非日常の素敵な雰囲気になりそうです。

住宅でもそうですが、特にこういう行事のための非日常な空間は、
そこに辿り着くまでのアプローチが重要で、割と時間をかけて考えます。
後で、「そこはどんな場所だった?」と聞かれて思い出す時、
「人通りの多い街中だったけど一歩入ると落ち着いた雰囲気でー」とか、
「木が沢山ある庭を抜けるとふっと開けた場所に入口があってー」とか、
「ほんまに店あるんかいな〜っちゅう細ーい路地を歩くとなー(父お気に入りの飲屋があるそうです)」とか、
自分の辿った足取り順にその場所を思い出す気がします。
つまり、まず最初にアプローチなど建物の周りの環境からその場所を思いだすので、周囲の環境づくりは大事だと感じます。
更に、アプローチの視界の開け方や雰囲気などに緩急があるとその変化を楽しめるので、
歩いて楽しかった、又はハラハラドキドキした、素敵な場所として印象になるように思います。
そういう事の、お手本のようなアプローチでした。





posted by hitomi tsuji at 14:14| 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

草むら

遊びに来てくれた友人に「草むしりはしないの?」と言われてしまったわが家。
kusa1.jpg
そだね、もうそろそろしないと、、と思っていた矢先、、
秋の虫たちが鳴きはじめているではないですか!
どうも我が家の草むらは居心地がよいようです。
鳴いている虫たちを見てみたいと、保育園から帰宅後子供と一緒に虫取りの仕掛けをつくったり、
捕まったかなーと覗いてみたり、それはそれは秋の夜を満喫しております。
ということで、虫たちが居なくなると困るので、草むしりは延期。

私が育った家は、住宅地と未開発地の境目のようなところだったので、
未開発の林や草むらで、友達と冒険したり、内緒で猫を飼ってみたり、それこそ虫を捕まえたり、
そういう遊びが楽しかったなーと思いだしました。
今住んでいる家の近くにはそういう草むららしい草むら、見かけないように思うので
我が家の草むら化した庭は、貴重かもしれない。
posted by hitomi tsuji at 09:28| 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

トレペ

また雨の続く時期になりました。

写真は模型の前段階、設計のスケッチです。
スケッチ.jpg
設計の方法はそれぞれですが、私は敷地図を下敷きにトレーシングペーパー(通称トレペ)
という下が透けて見える紙を重ねて案をつくっていきます。
フリーハンドで描いたり、定規を使ってみたり、色分けしてみたり、切り絵のようにペタペタ貼ったり、
回転してみたり、その場その場で色んな方法を取って進めます。
中々いい案がひねり出せない時も多々、そういう時は椅子からお尻が離れたがって仕方ありません。
そういう時は「とにかく下手な案をもう一つ描くだけでいいから」とお尻に言い聞かせ頑張って貰います。
そのうちに「これはいけるかも」と思える案がぼちぼち出てきて、気持ちも乗ってきます。
そのスケッチにまたトレペを重ねて重ねて、、と沢山トレペを使います。

このトレペ、普通の紙よりシャカシャカしていて少しプラスチックのような雰囲気。
ゴミの分別は頑張っている方だと思うのですが、トレペはいつもゴミ箱を前に迷ってしまいます。
包装袋や台紙等の分別は書かれているけど、トレペ自体の分別方法は不明。うーん、、
posted by hitomi tsuji at 18:14| 設計の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

模型

設計途中の検討用に作った模型です。
mokei2.jpg
設計初期に、全体の雰囲気や建物と敷地の関係を検討する為に1/100とか1/200の縮尺で作ります。
初期は何通りも案を考えるので形の全く異なる模型が沢山。
写真の3つの模型も同じ敷地に対する案です。写真下は屋根の形のバリエーション。
こういう感じでざっくり検討して、選抜された何案かを建て主さんにもお見せすることが多いです。

1/100だと、内部の雰囲気もなーんとなく解りますが、
mokei4.jpg
ちょっと解りにくいので、
もう少し進んだ段階で更に1/50とか1/20とか、徐々に縮尺を上げた模型で検討を進めます。
そうすると、小さな虫の気分になって建物内を見学できる模型になります。


設計事務所勤務時代も含め、たくさんの模型を作ったので大分手先が器用になりました。
模型の角がピーンと尖っていないと、「角が立ってない!」とよく怒られたので、
その癖で子供の折り紙を折る時も、角を立てることに気をつかってしまいます。
たまに、微妙に正方形でない折り紙あったりするんですよねー、
そういう折り紙はどうやっても角が立たないので、もう、気になって気になって。
posted by hitomi tsuji at 17:19| 設計の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

夏の終わりに

先週は細く長引いた夏風邪に少し手こずりましたが
関わっているプロジェクトも少しづつ進み、
気候は涼しくなり、衣換えもしたことだし
(文字通り)襟をただしてすすむぞ、と感じる季節です。

夏の最後に、先週末は地域の商店街のお祭りがあり、
金魚掬いでヒラヒラフワフワした金魚を目当てに行ったのですが、

IMG_1299-2.jpg

今回はそういう金魚はおらず、戦意喪失した母に代わって
子供と夫がまた、残念賞を一匹ゲットしてくれました。
去年に続き今年も機敏性溢れる原種系の金魚を受け入れました。
posted by hitomi tsuji at 14:59| わが家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。